fragments of life

言葉を集めるのが好きな人のブログです

パーソン・オブ・インタレスト('12)S2ep3-4

 

Season 2 episode 3 『美しき迷い子』

 

冒頭いきなりビルの窓から男性が飛び出す。今回はブラジル大使の娘ソフィアに危険が迫っている。ソフィアは辛辣で恨みを買いやすい性格。

ジョンはソフィアの護衛係として名乗りを上げる。ジョンは採用されるがソフィアからは疎まれる。

「私に話が?」ベアー(犬)が事務所に居座っているのが気に入らないフィンチ。ルートに関する情報をフィンチに隠れて調べるリース。フィンチ、ベアーと散歩に出かけるが、道のど真ん中でパニックの発作。外出恐怖症なのかトラウマを抱えている様子。(ルート関連なのか)

なんやかんやリースはソフィアの命を救い、ふたりは和解。リース「おれも昔自分を見失ったんだ。ある人物に生きる目的をもらった」。それを聞いているフィンチ。表情が「!」。w

ヤク売買の黒幕を追うため、ソフィアの護衛をファスコに押し付けるリース。やはりしくじられる。w ソフィア、命を狙われ続けるもリースの活躍のおかげでなんやかんや一件落着。ソフィアはリースを見直す。「ブラジルへの転勤を勧めたいけど…」「ここがおれの居場所だ」「あなたは優秀な護衛だった」。いつの間にか大団円。

リースの元上司カーラ登場。スノウ捜査官が全身に爆弾をつけられている。カーラ冷酷なタイプ。スノウさんは虚無的な表情。

最後、事務所でルートについて調べるフィンチを見てリースが一言。「ビールの時間だ」「ここにあるものを始末しないと」「後でもいいだろ」。(なにこの会話)。

夜、ベアーとともに連れだって外出するリースとフィンチ。フィンチ「ビール以外は?」。リース、にやっと笑う。二人は夜の街を歩き続ける。(なにこの終わり方)。

最後カットは意味深なのかべつに意味はないのかそれともAO3に二次創作小説を投稿させるのが目的なのか視聴者の頭が混乱したままエピソード終了。

 

 

Season 2 episode 4 『引き金』

 

今回マシンがはじき出したのはマフィアの用心棒らしい。名前はライリー。ライリー、ボスの息子を殺害したかどでボスの恨みを買い、命を狙われる。恋人アニーとともに逃亡しようとする。

今度の目標が犯罪者とわかり、「線引きが必要だ」とフィンチ。「おれも昔はそうだった」とジョンは二人を逃がそうと試みる。しかしジョン撃たれる。賞金稼ぎも現れライリーとアニーは絶体絶命。

ジョンが撃たれ内心穏やかじゃない様子のフィンチ、さらに大きなパワーに頼るしかないと言い出す。向かった先は……イライアス。

ひさびさのイライアス。刑務所からこんにちは。目つきが以前に増して邪悪なイライアス。かけているメガネは名探偵コナン並みの反射をみせる。w

Elias: So I'm afraid you have me at a this disadvantage, Mr. Crane, is it? You obviously know something about me but I know nothing about you. こんな状況でお目にかかるとは恐縮だ、クレインさん、だったかな? どうもあなたは私について知っているようだが、私はあなたを何も存じないようだ。

Finch: The man I work with saved the life of someone close to you. Charlie Burton. 私の同僚があなたに近しい人を助けたのですよ。チャーリー・バートンという名の。

Elias: So you're the boss. I suppose I... uh, I should thank you for saving my life. As well as my current accommodations. なるほど、つまりあなたがボスってわけか。そうするとつまり私は…ふむ。あなたに命を助けられた礼をせねばならないわけだ。同様にここの住み心地に対しても。

Finch: I trust you're keeping yourself busy, Mr. Elias. Certainly your control of the city's criminal enterprises appears undiminished. あなたは現在もご多忙のようだ、イライアスさん。あきらかにこの街の犯罪組織に対するあなたの支配はいまも健在だ。

Elias: Well, being stripped of all possessions, eliminates a lot of distractions. I've got time to read, to think, to play chess. Though, you know, finding a worthy opponent has been a little challenging. What brings you to see me? ええ、持ち物が消えたかわりに集中する時間ができたものでね。読書や思索、チェスの時間もある。まあ、チェスを楽しめる相手には事欠いてますがね。それで、ご用件はなんです?

 Finch: We need help with a minor boss whose organization may not be under your control...yet. George Massey. とあるちっぽけな悪党の件で、あなたの助けが必要なんですよ。ある組織のことですがね…あなたの支配が及んでいない…まあいまのところは。ジョージ・マシーというのです。

Elias: I heard about his son. Our friend John's handiwork? そいつの息子の件は聞いた。共通の友人ジョン君がしくじったのか?

Finch: No, one of his own men, fallen under our protection now. Massey's put a million - dollar bounty on him and the woman he's with. いいえ。その手下の一人が、我々の網の目にかかったのです。マシーは彼に百万ドルの賞金を懸けた。彼の恋人とともにね。

Elias: Ah, yes. So flashy. Relics like Massey, they never learn. There's so much more to be gained by staying out of the limelight, in the background. Those are the people you have to watch out for. そうだろうな。派手好きなのさ。マシーみたいな前時代的な老いぼれはな。奴らは学習しない。目立たぬよう闇に紛れている方が得られるものは多いというのに。むしろそいつらに対してこそ注意せねばならん、そうだろう。

Finch: Indeed. We thought he might reach out to such a man for help. If so, we hoped we could convince you to withhold your assistance. まさしく。そのような人物に助けてもらう必要があると考えたのですよ。できることなら、まさにあなたのような人からの協力を引き出したいと。

Elias: So you want me to shut down Massey's little hunting party? (Finch nods) Well, I suppose I do owe you something for saving my life. Even so, everything does come with a cost. 私にマシーのしみったれた賞金稼ぎどもを黙らせろというのか?(フィンチうなずく)まあ、あなたには命を助けられたようだから借りは返さんとな。そうだとしても、何事にも代償はつきものだ。

Finch: I assumed there would be. What is it you want? それはそうでしょうね。何がお望みです?

Elias: Well, as I said, I have no need of possessions. 最初に言っただろう。物には困っていないのだ。

 

イライアスの助けを借り賞金稼ぎが消えたかと思いきや。逃亡しようとしている二人に追手が迫る。アニーさらわれる。ボスへ引き渡される現場にライリーもいると考えたジョンはライリーを追跡する。フィンチはアニーを優先すべきではないかと発言。「そいつ(ライリー)は”欠陥プログラム[bad code]”だぞ」。なんやかんやルートに影響されているフィンチ。やはり美女の血のりスマイルに思考を乱されたのか?!

ライリーの正体判明。おれはクズだがアニーは幸せをくれた。隠し通せると思うか?いや、でも彼女には幸せになってほしい。

ライリーとジョンは「別の仕事」で使っているクラブへ向かう。そこにはアニーが。しかし銃撃戦。ライリーは……

アニーを見送り、ジョンはフィンチとともに去る。フィンチは「欠陥プログラム」について考えを改める。イライアスとの交換条件はチェスの勝負。勝負の行方は……

今回も面白かった。